fbpx

乗客に最も優しい欧州の鉄道駅 2位はウィーン、1位は? 

新型コロナウィルス感染のパンデミックで昨年から世界的に旅行の自由が大きく制限され、自宅で旅を夢見る人も多いだろう。空路も長距離列車の旅も、今は思い出に浸り、じっと我慢の日々が続く。

ワクチンの普及は国によって異なるものの、徐々に接種も進んでいる背景から、今年の夏には旅行に出かけることができるかもしれない。筆者も解禁になったら行きたい旅先をリストアップし、今から楽しみにしているひとりだ。

そんな中、「欧州で乗客に優しい鉄道駅」をテーマとした面白い記事を見つけた。

欧州主要駅50カ所で最も優しい駅は?

米国ワシントンDCに本拠を置く消費者保護団体Consumer Choice Center(以下CCC)は3月末、欧州の主要鉄道駅50カ所を対象に行った「欧州鉄道駅インデックス2021年」調査で、快適さと乗客の利便性に最も優れている駅はドイツのライプツィヒ中央駅と発表した。

調査の評価基準は、国内外の就航都市の数、プラットフォームの混雑度、アクセスの良さ、そして車椅子や移動に不自由な客のホームへのアクセス、ラウンジの種類、ショッピングや飲食料品の質などを指標とした。

評価にあたってCCCは、昨年発表した鉄道駅トップランキングの指標にヒントを得て、今年2回目の調査を行った。さらに各駅のウェブサイトの情報やオンライン統計から抽出した情報と、メディアや乗客の声も考慮して選出したという。

1位ライプツィヒに続き、2位ウィーン中央駅(オーストリア)、3位ロンドンのセント・パンクラス駅(イギリス)、4位はアムステルダム中央駅(オランダ)とモスクワのカザン駅(ロシア)が選ばれた。5位に入ったのは、フランクフルト・アム・マインとミュンヘン中央駅(ドイツ)だった。

6位はモスクワ・クルスク駅 (ロシア)、7位ミラノ中央駅(イタリア)、8位バーミンガム・ニューストリート駅(イギリス)、9位ローマ・テルミニ駅(イタリア)、10位パリ・モンパルナス駅(フランス)とボローニャ中央駅(イタリア)だった。

ライプツィヒ中央駅は、欧州でもドイツでも最も訪問者数が多い駅ではない。それでも欧州のトップに選ばれた理由とはいったい何だろう。

Originally published here.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to top