fbpx

その町の玄関口として、多くの旅行者が最初に降り立つ場所となる「駅」。列車で到着後は、すぐにホテルや次の目的地へ向かう人がほとんどだろう。だが、ドイツには通り過ぎるだけではもったいない「特別な駅」がある。その筆頭ともいえるのがライプツィヒ中央駅。世界で最も美しい駅のひとつと称賛され、今やライプツィヒの観光名所となっている。とはいえ日本ではまだそれほど知られていない存在だろう。「ライプツィヒに行ったのに見逃していた!」と後悔する人が増えないように、ここで欧州最高に選ばれた駅の魅力をじっくりとご紹介したい

ヨーロッパ格付け1位!ライプツィヒ中央駅

1915年に開業したライプツィヒ中央駅は、列車がここで行き止まりになる構造の頭端式駅としてはヨーロッパ最大級。83,460平方メートルの床面積を有し、一日に約15万人もの人が利用する巨大ターミナル駅だ。以前より鉄道ファンをはじめ一部では知られた存在だったが、2021年に「European Railway Station Index」というランキングで1位に輝き知名度が急上昇。世界中から注目される駅となった。このランキングは消費者保護団体のConsumer Choice Centerが様々な要素に基づき毎年格付けしているもので、2021年版のトップ10には、ドイツからは1位のライプツィヒと同点5位のフランクフルト、ミュンヘンの3駅がランクインしている

Read the full text here

Share

Follow:

More Posts

Subscribe to our Newsletter

Scroll to top