fbpx

Giappone

2021 年版ヨーロッパの素晴らしい駅ランキングが発表

1位はドイツのライプツィヒ中央駅、路線数やサービスの充実度で評価

鉄道 駅 の 素晴らし さ を 測る 方法 は いくら でもある。 例えば 、 の 豊富 豊富 さ 、 ホーム へ の アクセス や ナビゲーション が 容易 容易 である こと 重要 だろ う。 ただ 、 何より 我々 にとって にとって 重要 な は は 、 車内 で 楽しむ や や ビール ビール ビール ビール ビール や や や や や や や や や や や や 楽しむ 楽しむ 楽しむ 楽しむ 楽しむ 楽しむ 楽しむ 楽しむ 楽しむ 楽しむ 楽しむ 楽しむ 楽しむ 楽しむ 楽しむ 楽しむ tivamenteそろえるためのショップや飲食店がどれだけ充実しているか、ということかもしれない。

ヨーロッパ について は 、 そう し た 要素 が 網羅 さ れ た 駅 を 、 『Indice della stazione ferroviaria europea』 と いう ランキング で 知る ことができる。 最近 、 2021 年版 が 発表 さ さ れ た。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 tivamente

この ランキング は 、 消費 保護 団体 である Choice consumer Cente が 、 ヨーロッパ 大陸 ある 主要 な 50 カ所 ほど ほど 駅 を さまざま な 要素 に 基づい て 毎年 付け し て いる いる もの。 特に 鉄道 ファン は 、 毎年 毎年 発表 発表 を を楽 し み に し て い る。

2021 年 の ナンバーワン に 選ば れ た 駅 は 、 ドイツ の 都市 ライプツィヒ ライプツィヒ の 中央 駅 だ だ リサーチャー たち は 、 この 駅 駅 を だ 理由 を 、 国内 路線 の 数 が が 多く ショップ ショップ や レストラン も 充実 し し て てとしている。まっとうな選考理由だ。

2020 年 に 1 位 だっ た ロンドン の セント ・ パンクラス 3 位 に 転落。 ブレグジット とは 、 、 おそらく 関係 ない。 その ほか トップ 5 に 入っ の が 、 2 位 が ウィーン 中央 駅 、 4 位 は アムステルダム 中央 駅 駅 駅モ ス ク ワ の カ ザ ン ス キ ー 駅 だ っ た.

Indice delle stazioni ferroviarie europee 2021(Consumer Choice Center発表)

1. ライプツィヒ中央駅
2. ウィーン中央駅
3. セント・パンクラス駅(ロンドン)
4. アムステルダム中央駅
4. カザンスキー駅(モスクワ)
6. フランクフルト中央駅
6. ミュンヘン中央駅
8. クールスキー駅(モスクワ)
9. ミラノ中央駅
10. バーミンガム・ニューストリート駅

全51 駅 の ラ ン キ ン グ は こ のページから ダウンロード できる。 いつ か 再び 気軽 に 訪れる こと の できる ヨーロッパ 旅行 向け 向け 、 食 や ビール も 充実 さ せ た 鉄道 旅 を 計画 する ため リスト リスト とし とし 、 、 見 て みる の も いい かもしれない かもしれない

Originariamente pubblicato qui.

La finestra di 6 mesi di Trump per limitare le importazioni di auto potrebbe portare a una nuova guerra commerciale

Washington DC: Il presidente Trump darà all'UE e al Giappone sei mesi accettare un accordo che "limiterebbe o limiterebbe" le importazioni di automobili e le loro parti negli Stati Uniti. Si sostiene che le importazioni di automobili minaccino la sicurezza nazionale poiché hanno danneggiato i produttori nazionali e la loro capacità di investire in nuove tecnologie.

In risposta, il vicedirettore del Consumer Choice Center Yael Ossowski ha avvertito che facendo un simile trattamento, il presidente Trump ha affermato la sua intenzione di non procedere con una soluzione cooperativa. Dove non c'è la volontà politica di cooperare sul commercio, c'è una crescente possibilità di una guerra commerciale.

“Innanzitutto, le affermazioni secondo cui le importazioni di automobili danneggiano i produttori nazionali e la loro capacità di investimento ignorano gli interessi dei consumatori americani. Dovrebbero Giappone e l'UE limita la fornitura di automobili, i consumatori negli Stati Uniti dovranno sostenere i costi sotto forma di prezzi più elevati. Proteggere un'industria a scapito dei consumatori domestici non ha mai migliorato la situazione di nessun paese", ha affermato Ossowski.

“La decisione di Trump, ironia della sorte, danneggerà coloro che cerca di proteggere. L'industria automobilistica statunitense è fortemente dipendente dalle importazioni di parti di automobili. Se l'UE e il Giappone limitano la loro fornitura di parti di automobili al mercato statunitense, le vendite e la produzione sul mercato interno saranno limitate. Le conseguenze saranno numerose e dannose, e dovranno sopportarle tutti gli americani.

“È molto probabile che la decisione di Trump scateni una nuova guerra commerciale e impedisca la cooperazione internazionale. Le guerre commerciali sono sempre perdenti. Devono essere fermati nelle prime fasi e prevenuti del tutto. Se Presidente Trump ha a cuore il benessere dei consumatori e dei produttori nel proprio paese, è giunto il momento che impari che il libero scambio è l'unica via da seguire”, ha concluso Ossowski.


Il Consumer Choice Center è il gruppo di difesa dei consumatori che sostiene la libertà di stile di vita, l'innovazione, la privacy, la scienza e la scelta dei consumatori. Le principali aree politiche su cui ci concentriamo sono il digitale, la mobilità, lo stile di vita e i beni di consumo e la salute e la scienza.

Il CCC rappresenta i consumatori in oltre 100 paesi in tutto il mondo. Monitoriamo da vicino le tendenze normative a Ottawa, Washington, Bruxelles, Ginevra e altri punti caldi della regolamentazione e informiamo e attiviamo i consumatori a lottare per #ConsumerChoice. Ulteriori informazioni su consumerchoicecenter.org.

Leggi di più qui

Descrizione