fbpx

Japón

2021

1

鉄道 駅 の 素晴らし さ を 測る 方法 は いくら でもある でもある。 例えば 、 行き先 の 豊富 さ 、 ホーム の アクセス アクセス や が 容易 である こと は 重要 う。 ただ 、 何より へ の アクセス や が 容易 容易 である は 重要 う う。 ただ 、 何より へ の アクセス や が 容易 である こと は だろ う。 ただ 、 何より へ の アクセス や が 容易 である こと は 重要 う。。 ただ 、 quis 。

ヨーロッパ について は 、 そう し た 要素 が 網羅 さ れ た 駅 を 、 『Índice de la estación ferroviaria europea』 いう いう ランキング 知る ことができる。 最近 、 その 2021 年版 が 発表 さ た。。。。。。。。。。。。。。 た た た た た た た た た た た た た た た

この ランキング は 、 消費 保護 団体 である Choice de consumo Cente が 、 ヨーロッパ 大陸 に ある 主要 な 50 カ所 の の 駅 を さまざま な 要素 基づい て 毎年 ランク 付け し て いる もの。 特に 鉄道 ファン は 、 毎年 の とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても とても楽しみにしている。

2021 年 の ナンバーワン に 選ば れ た 駅 は 、 ドイツ ドイツ の 都市 、 ライプツィヒ の 中央 駅。 リサーチャー たち は 、 この 駅 を だ 理由 を 、 国内 路線 の 数 が が 多く 、 ショップ や レストラン も し から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から から.としている。まっとうな選考理由だ。

2020 年 に 1 位 だっ た ロンドン の セント ・ パンクラス 駅 3 位 に 転落。 ブレグジット とは 、 おそらく 関係 は ない。 ほか トップ トップ に た の が 、 2 位 が ウィーン 中央 駅 、 4 位 は アムステルダム 駅 と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と10位までのランキングは、以下の通り。

Índice Europeo de Estaciones de Ferrocarril 2021(Centro de Elección del Consumidor)

1. ライプツィヒ中央駅
2. ウィーン中央駅
3. セント・パンクラス駅(ロンドン)
4. アムステルダム中央駅
4. カザンスキー駅(モスクワ)
6. フランクフルト中央駅
6. ミュンヘン中央駅
8. クールスキー駅(モスクワ)
9. ミラノ中央駅
10. バーミンガム・ニューストリート駅

Capítulo 51ページから ダウンロード できる。 いつ か か 再び 気軽 に 訪れる こと の できる できる ヨーロッパ 旅行 に 向け 、 食 や ビール も 充実 さ せ 鉄道 鉄道 旅 を する ため の リスト とし て 、 見 見 て みる の いい。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 eléctrico

Publicado originalmente aquí.

La ventana de 6 meses de Trump para limitar las importaciones de automóviles podría conducir a una nueva guerra comercial

Washington DC: El presidente Trump le dará a la UE y Japón seis meses aceptar un acuerdo que “limitaría o restringiría” las importaciones de automóviles y sus partes en los EE.UU. Se afirma que las importaciones de automóviles amenazan la seguridad nacional ya que han perjudicado a los productores nacionales y su capacidad para invertir en nuevas tecnologías.

En respuesta, el subdirector del Centro de Elección del Consumidor, Yael Ossowski, advirtió que al hacer tal trato, el presidente Trump afirmó su intención de no proceder con una solución cooperativa. Donde no hay voluntad política para cooperar en el comercio, existe una posibilidad cada vez mayor de una guerra comercial.

“En primer lugar, las afirmaciones de que las importaciones de automóviles perjudican a los productores nacionales y su capacidad de inversión ignoran los intereses de los consumidores estadounidenses. Debería Japón y la UE limitan su suministro de automóviles, los consumidores en los EE. UU. tendrán que asumir los costos en forma de precios más altos. Proteger una industria a expensas de los consumidores nacionales nunca ha mejorado la situación de ningún país”, dijo Ossowski.

“Irónicamente, la decisión de Trump dañará a los que busca proteger. La industria automovilística estadounidense depende en gran medida de las importaciones de piezas de automóviles. Si la UE y Japón limitan su suministro de piezas de automóvil al mercado estadounidense, se restringirán las ventas y la producción nacionales. Las consecuencias serán numerosas y dañinas, y todos los estadounidenses tendrán que soportarlas.

“Hay muchas posibilidades de que la decisión de Trump desencadene una nueva guerra comercial e impida la cooperación internacional. Las guerras comerciales siempre son perder-perder. Deben detenerse en las primeras etapas y prevenirse por completo. Si presidente trump se preocupa por el bienestar de los consumidores y productores en su propio país, ya es hora de que aprenda que el libre comercio es el único camino a seguir”, concluyó Ossowski.


El Consumer Choice Center es el grupo de defensa del consumidor que apoya la libertad de estilo de vida, la innovación, la privacidad, la ciencia y la elección del consumidor. Las principales áreas políticas en las que nos centramos son digital, movilidad, estilo de vida y bienes de consumo, y salud y ciencia.

El CCC representa a los consumidores en más de 100 países de todo el mundo. Supervisamos de cerca las tendencias regulatorias en Ottawa, Washington, Bruselas, Ginebra y otros puntos críticos de regulación e informamos y activamos a los consumidores para que luchen por #ConsumerChoice. Obtenga más información en ConsumerChoicecenter.org.

Leer más aquí

Vuelve al comienzo